ハタハタ漁の季節 海の風景−八峰町(Nov. 26, 2012)

海がシケて、ハタハタ漁の季節が到来した八峰町八森沿岸です。
この時期の海は非常に絵画的で美しいです。




EAGLES 『HOTEL CALIFORNIA』のジャケット写真にチャレンジしましたが、失敗!!(Nov. 17, 2012)

California, West Coastといえば、EAGLESの歴史的名盤 『HOTEL CALIFORNIA』でしょうということで、The Beverly Hills Hotelに行ってみました。
ピンク色の外観からピンク・パレスと呼ばれる、100年以上の歴史がある有名な高級ホテルです。ロビーにはマリリン・モンローが宿泊した時の写真とかがありました。
超高級住宅街ビバリーヒルズのサンセット大通りにありますが、通りからは建物はあまり見えません。エントランスから入り、車をボーイさんに預けてホテル内を見学しました。ちなみに駐車料金は8ドルです。駐車場は見るからに超高級車ばかりで、私のカローラは大変浮いてました(笑)。
残念ながら外はどしゃ降りの雨でした。傘を持っていなかったので、少し小降りになるのをロビーで待って、撮影しにサンセット大通りに出てみたのですが、ジャケットを再現できる場所を見つけることができませんでした。何度も目にしているジャケットのはずですが、いろいろと勉強不足だったみたいです。
(雨なので、夕暮れは早々に諦めました)
ビートルズの Abbey Roadのジャケットなどで有名なJohn Koshが、サンセット大通りに三脚を立てて、大渋滞を起こしながら撮影したということは知っていたのですが、当時とは街路樹や椰子の木の形が変わっているのか、結局わからなかったので、ずぶ濡れになって恥ずかしくもあり、あきらめました。
どなたか、撮影ポイントをご存じの方、是非ご教授くださいますようお願い申し上げます。一度、宿泊してみたいですね。

↓宿泊された方が、それに近い写真を載せておられるので、私が駄目だったみたいです。
Eagles/HotelCaliforniaのモデル ビバリーヒルズホテル宿泊記

こちらがオリジナル

塀から見上げて撮影

大通りの向かい側にある公園から撮影

エントランス

ロビー

ロビー

有名な「ポロラウンジ」(レストラン)。敷居が高いです。

ミュージカル鑑賞しました MIXTAPE おすすめです。(Nov. 17, 2012)

11月13日から18日までアメリカ西海岸、San Diegoに仕事で滞在しております。
アメリカといえばENTERTAINMENTの国、SHOWBIZを楽しまなければ一体何をしに来たんだってなります(一応、仕事で来ているのですが・・・宿泊先がブロードウェイにありますし。)。
やはり、私的にはミュージカルということで、mixtapeを鑑賞しました。

MIXTAPEのサイトはこちら

場所はHORTON GRAND HOTELに隣接するHORTON GRAND THEATRE、今年3年目のロングラン公演だそうです。
予約なしだったのですが、4列目のほぼ真ん中の席で38ドルでした。開演までビールを飲んで待ちました。
客席は約8割程度埋まっており、日本人は私1人だけ、アジア系も見ませんでした。

内容は、日常生活に疲れた男性4人、女性4人が、80年代の楽曲が入ったmixtapeというカセットテープを手にしたことから、80年代にタイムスリップ。
80年代のヒット曲を歌いながら、その当時の自分や出来事を回想し、やがて笑顔を取り戻し現代に戻るといった内容(間違っていたらすみません)。
いきなり、The Banglesの大ヒット曲Manic Mondayからスタートし、あまりの懐かしさにすぐに引き込まれる展開です。
Manic Mandayは、携帯やスマホばっかり見ている現代という設定なのですが、歌詞と非常にあっていると思いました。
その後、数え切れないくらいの80年代の名曲がズラリ。役者さんは皆、大変個性的で、イケメン1人、シンディー・ローパーに似ている女性一人(この人はスーパー・チャーミングでした)、80年代のドラマでよく見かけたオタク風の男性、マドンナ、など。特に、ティナ・ターナーからジャネット・ジャクソンまで変幻自在の女優さんが印象的でした(投げKISSもらいました。最高に色っぽかったです)。
もちろん、コメディーなので、会場は爆笑の渦、たとえば、フラッシュ・ダンスのテーマでは、女性全員レオタードでエアロビ、一人男性がインストラクターといった感じ。
本当に、ジョルジオ・モロダーはやったよね〜。トップガンのテーマとか、ロッキー3のテーマ、ゴースト・バスターズなど、すべてコスプレでいちいち見事に似ています。
女性は、いかにも80年代の女性シンガーの格好なのですが、今見ると非常にダサイ。。。でも、それが良いのです。
公演は短いインターバルを挟んで、なんと3時間近くもありました。
公演終了後、今度はギターの人がブライアン・アダムスを熱唱・・・(涙)。

しかし、皆さん、本物よりも歌が上手で、かつ激似、それも3時間近く歌い続けるなんて本当にすごいと思いました。
これだけの才能の人たちがゴロゴロいるアメリカのショウビズ界、ただ驚くばかりです。
バンドもすべて生演奏で、特にギターの人も歌がうまく、エアロスミス、ガンズ・アンド・ローゼスなど、、、熱唱されてました。
笑いすぎて、感動しすぎて最高の夜でした。
特に、私はDuran Duranが好きだったので、メドレーでやってくれたのは感動的でした(似てた〜)。
最後にイケメンさんが、「今年は12月15日までだから、みんなFacebookで宣伝してくれよな〜」とおっしゃっておられたので(たぶん)、ここで宣伝しておきます。
皆さん、San Diegoにいらっしゃった際には、是非、mixtapeをご鑑賞ください。超おすすめです!これを観ないと損します、おそらく。







Profile

image
ふこじ(FKOJI@Akitaria)
秋田市に居住する東京生まれの広島県人。

New Entries

Comment

Categories

Archives(172)

Link

Search

Free